気になり始めたら育毛剤と育毛シャンプーを始めましょう

育毛剤を使用するようになったのは20代の終わりごろだったと思います。当時は少しオデコが広がってきているように思え、それで早めに育毛剤を使っておこうと考えたからなんです。
実家も父が薄く、また祖父も薄かったので、それも関係していました。なので若いときから別に髪にトラブルがあったわけではなかった頃から気にしていることもあり、それで精神的にも良いかなと育毛剤を使う決心をしたんです。
育毛剤を使用するようになってからは、念入りな性格も合って育毛剤シャンプーも同時に使用するようになりましたが、気にしていたオデコの広がりも無く、今は生活の一環として育毛剤と育毛剤シャンプーを使いながら育毛ケアを心がけるようにしています。

髪の毛を丁寧に扱うことが育毛の基本

髪の毛を雑に扱わず丁寧に扱うこと、もしかしたらこれが育毛の基本なのかもしれないです。
毛根にダメージを与えるような扱い方をしていたのでは育毛が十分にできているとはお世辞にもいえませんので、そうしているのならまずはその習慣から見直していかなければなりません。洗髪のときやヘアワックスを使うときなど髪の毛を雑に扱っていたら話になりませんので、まずはその点に注意です。ですので、髪の毛を丁寧に扱うだけでも育毛にはプラスになると思います。

幸が薄そうに見られたくないから

髪の毛ひとつでその人間が判断されるわけではありませんが、髪の毛が少ないと苦労しているように見られますし幸が薄そうに見えるという点は気になります。わたしは髪の毛の量で人を判断したことはありませんが、髪の量で人を判断する人は普通にいると思います。
だからというわけではないけど、「育毛剤など育毛商品を上手に使いながら髪を保つように生きることは賢いことなのかな・・・」と最近考えるようになりました。自分を守るために使いたい商品です。